2017年10月13日

ホークアイ スナイパーカスタム

ホークアイ カスタム



KJ Works製のガスブローバックライフル、ホークアイ。
スタームルガー10/22をベースにしたカスタムライフルですね。

今までは主にマルイ製等の国産品を使用していましたが、KJ Worksは台湾の会社。
その性能はどうなんでしょう?



例によってスナイパーカスタムにしてあります。
全長も7.62mmクラスのスナイパーライフルと比べて短めなので、インドアフィールドでも
十分に使用が可能。
スコープ以外にも、ホロサイトやドットサイトも似合いそうです。

セミオートのみですが、それなりに連射も出来ます。



ストックとグリップはM4系のパーツが流用可能。
ただし、ストックチューブの交換はできないのでUBRストック等は装着できません。

いずれはストックとグリップは交換してやろうと思っていますw



このロングマガジンの装弾数は28+1発。
ある程度大きい方が連射による冷えに強いと思います。

4面レールになっているので、ライトでも何でも装着可能。
フォアグリップは取り回しの良いRVGフォアグリップを使用しています。
アングルフォアグリップを装着しても良さそうですね。



マズルは14mm逆ネジ。
僕は、カスタムの際に外して余っていたM4パトリオット純正のフラッシュハイダーを装着しています。
もちろん、効果は薄いですがサプレッサーを装着してもカッコいい。



ホークアイは弾切れになるとボルトストップが作動します。
マガジンを交換し、コッキングレバーを少し引けば初弾が装填されます。
この一連の動作が意外とカッコいいと思っていますw



個人的評価

初速・精度

以前にW-TAPに行った時に初速を計ったら0.2gBB弾で95m/sもありました。
すげー威力やんけ!というか、こんなに初速があったらフィールドによっては規制される!
当然、内部カスタムは一切施していないんですが…。

使うフィールドによっては減速アダプターが必要かもしれませんね。

精度は悪くありませんが、ホップ調整ダイヤルがトップレール上に露出していて、
結構軽い力で動かせてしまいます。
そのため、ふとした拍子にホップが狂いそうで心配。

操作性

比較的軽量なライフルなので扱いやすいです。
個人的にはセーフティの操作に慣れが必要かな?

拡張性

光学機器類は色々と装着できますし、一部のM4グリップやストックなら装着可能。
割と拡張性は高いと思います。

装弾数

装弾数はショートマガジンで24+1発。ロングマガジンで28+1発です。
特にショートマガジンは連射で冷えやすいので注意しましょう。





海外製のガスブロライフルなのですが、意外と性能は高いです。
個人的には、初速はもう少し落としても良いかもしれませんね。
使い方次第で近距離から遠距離まで対応可能なので、かなりおススメです。
割と値段もお手頃ですしw







同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事画像
コルトガバメント Mk4 シリーズ'70 カスタム 修理と雑談
コルトガバメント Mk4 シリーズ'70 カスタム
M&P9 + サプレッサー
スタームルガー Mk1 Silent Evo
Px4 Storm + サプレッサー
グロック18C + RONIカービンキット
同じカテゴリー(エアソフトガン)の記事
 コルトガバメント Mk4 シリーズ'70 カスタム 修理と雑談 (2017-10-20 20:01)
 コルトガバメント Mk4 シリーズ'70 カスタム (2017-10-20 12:42)
 M&P9 + サプレッサー (2017-10-18 23:44)
 スタームルガー Mk1 Silent Evo (2017-10-17 19:36)
 Px4 Storm + サプレッサー (2017-10-16 00:11)
 グロック18C + RONIカービンキット (2017-10-15 00:33)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール
ikuken
ikuken
エアソフトガンを愛する趣味人。
最近はDTMの勉強をしていたりもします。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人