2018年08月14日

ハイキャパ4.3 デュアルステンレス

ハイキャパ4.3 デュアルステンレス



ハイキャパ4.3買っちゃいました。
以前にフォリッジウォーリアを手に取った際に4.3インチのガバメントも良いなぁと思っていたんですよねー。

まぁ、ガバメント系のガスブロは色々持っているんですがいくつあっても飽きません。
カスタムし甲斐がありますし。

まずはノーマル状態ですが、各部を見てみます。



デュアルステンレス。うーん、かっこいい。
エクストリームにしようかちょっと迷ったのですが、他のガバメントとの
パーツの互換性を考えてこちらにしました。

とりあえず、まずカスタムしたいところはグリップ。
M.R.P刻印を何とかしたいのですw
これさえなければグリップ自体は握りやすくていいんですけどね。



本当はスライドも交換したいところですが、ほとんどカスタムスライドが無いんです。
金属製はダメですし、3Dプリントの物だと強度が心配。

まぁ、M.R.P刻印よりはマシなスライドなのでここは妥協します。
Laylaxさん辺りが4.3インチの樹脂スライドでも作ってくれないかなぁ。

シャーシ部も交換予定です。
手持ちのハイキャパ5.1(現在は7インチ)に昔装着していたLaylax製の4.3インチ用の
レイルドシャーシが余っていますからね。
グリップ交換と一緒にシャーシも交換してやるつもりなんですよ。

あとは、出来ればハンマーも変えてしまいたい所です。
トリガーはこのままでもいいや。結構好きなデザインですし。



ホールドオープン。
ハイキャパシリーズはマガジンが大型なので連射による冷えにも強いのがポイント。
グリップが太くて握りにくいと言う方もいるようですが、僕は手が大きい方なので全く問題なし。
ピアノ弾いてる内に手がでかくなったと思っています(暴論)



Sure Fire XH15を装着。
ライトは問題無く装着可能でしたが、マスターファイアホルスターにセットすると
マガジンリリースボタンと干渉!
使用不可能ではありませんが、これではちょっとした拍子にマガジンが脱落します。

これは何とかせねば。
グリップとシャーシを交換すれば毅然するかなぁ?



マルイ製ガバメントシリーズはパーツ互換性があるので、スライドを入れ替えて楽しむことが出来ます。
そこで、以前一ガバプロジェクトで組み立てたハイキャパ5.1スライド(ベースはフォリッジウォーリアの4.3インチスライド)
載せてみました。

うひょー、これはこれでカッコいいじゃん!レースガンっぽくて!



個人的には黒多めのツートンカラーって大好きなんですよね。
これまたカスタムし甲斐がありそうです。

これからどんなガバメントにしてやろうかな?



個人的評価

初速・精度

ハイパー道楽さんの計測では平均で75.85m/s
精度も特に問題はありません。

操作性

スライドが普通のガバメントと比べて少し短めなので取り回しは良好。
サムセーフティもアンビタイプなので中々使いやすいですね。

拡張性

マルイ製ハイキャパシリーズはいくらでもカスタム出来ますw
…が、4.3インチスライドだけはどこ探しても良いのが見つからない!

内部パーツをいくつかハイキャパ5.1用の物に交換すれば5.1インチスライドに変える事は可能。
これは一ガバプロジェクトのスライド編で確認済みです。

でもやっぱり4.3インチの樹脂製カスタムスライドが欲しいなぁ。

装弾数

装弾数は28+1発。
5.1用の31連マガジンや50連ロングマガジンも使用可能。
シングルカラムのガバメントシリーズよりも連射による冷えに強いのが利点ですね。





とりあえず、これから色々カスタムしていこうと思います。
まずはグリップ!
もし良さげな樹脂製スライドがあったら誰か教えてくださいねw

  


2018年08月06日

コルトパイソンにもサプレッサーが付けられるのです。

コルトパイソンにもサプレッサーが付けられるのです。



僕が持っているコルトパイソン、実はサプレッサーが装着出来るようになってます。
マズル部がKM企画製のサイレンサーアダプターに交換されていたんですよね。

とりあえず、オスプレイサプレッサーを装着してみました。
ですが、リボルバーにサイレンサー。
人によっては鼻で笑われる組み合わせですw



そもそも実銃において、なぜリボルバーにサイレンサーの組み合わせがダメなのか?

理由は消音効果を全く期待できないからです。
リボルバーはシリンダーギャップと言ってシリンダーとバレルとの間に隙間があります。
実銃ではここから発射ガスと共に火薬の炸裂音がダダ洩れという訳なんですね。

例外としてサイレンサーが装着可能なナガンリボルバーのような特殊な構造の物も存在しますが。



とまぁ、これが実銃での話。
ガスリボルバーであるマルイ製コルトパイソンは当然ブローバックしませんし、
火薬が炸裂するわけでもありません。
ということは、結構消音効果が期待できるのではないでしょうか。
サプレッサーも余程重い物でなければ作動に影響しませんしね

しかしまぁ、僕の手持ちのパイソンはリアルカート化されているので装弾数は6発。
発射音が小さくなったところでサバゲ向きではないんですけどねw
というか、どうせなら14mm正ネジのフラッシュハイダーを取り付けた方がカッコいいような気もしてきましたw

  


2018年08月02日

ステアーHC+マスターキー

ステアーHC+マスターキー



マスターキー装着してみたシリーズ第5弾…

というか、最近こればっかですいませんw
別にネタ切れってわけではないのですが、とりあえず、マスターキー装着してみたシリーズは
さっさとネタとしては消化しておきたいんです…。
M4ネタとかも書きたいんですけどね…。

そんな訳で気を取り直して、今回はステアーHCにマスターキーを装着してみました。
意外と面白い組み合わせだと思うんですがどうでしょうか?



まず、意外とバランスがいいぞ!
元々ステアーHCはややリアヘビーなので、マスターキーを装着しても
重量バランスが崩れない!

それにフォアエンドまで楽々手が届くじゃん!
これはブルパップ式の利点ですね。

ノーマルのステアーHCにもアンダーレールはありますが、さすがにそこにマスターキーを
装着するのは強度的に不安です。
LaylaxのKey modハンドガードを使用し、ハイマウントレールEXロングで強度を底上げすれば
割と実用的な組み合わせだと思います。





実物のステアーもM203ランチャーなんかを装着する事もあるようですね。
…って事は、マスターキーを装着する事もあるんでしょうか?
想像が膨らみますw

  


2018年07月28日

M14 + マスターキー

M14 + マスターキー



今回はM14マスターキーを装着してみました。

使えねェ!!



まず、普通に重すぎ!

それに、マスターキーはLaylaxのボトムレールに装着してあるのですが、
この部分の強度が不安です。

マスターキーのトリガーををもっとマガジンに寄せたいところですが、
M14はマガジン前部をひっかけてから後部をロックするタイプなので、
マスターキーをマガジンに寄せすぎるとマガジンの着脱が出来ません。

よってこの組み合わせは実用性は低い!





まぁ、M14とマスターキーの組み合わせは想像通りの結果となりましたw
今まで何種類かマスターキーを組み合わせてきましたが、
大体が重かったり強度的に不安だったりしています。

良い組み合わせってないかなぁ?

  


2018年07月22日

SCAR H+マスターキー

SCAR H+マスターキー



マスターキー装着してみたシリーズ第三弾は手持ちのカスタムしたSCAR H

意外とタンカラーの装備にもマスターキーって似合うと思いますがどうでしょう?



重いは重いですが、重量バランスは良いかも。
それに元々がメタルレシーバーなので剛性も抜群!

やっぱりフォアエンドまでが遠いですが、いっその事ストックを折りたためば
もうちょっと使いやすくなるかと思います。

スタイルもまとまっていて結構いい感じ!





SCAR Hとマスターキーの組み合わせは確実に重くて使いにくい組み合わせかと思っていましたが
意外とそんなこともありませんでした。
やっぱり手に持った時の軋みなんかがほとんどないので安心感があります。
と、いう事は次世代のM4系とマスターキーは相性がいいんでしょうかね?
これからも色々試してみよう!

  


2018年07月17日

M4 CRW ハンドガード交換+α

M4 CRW ハンドガード交換+α



今日はM4 CRWのハンドガードを交換したいと思います。
交換するハンドガードはノベスケタイプのKey modハンドガード15インチ。
アウターバレルもこれまたノベスケタイプの18インチの長い物に交換します。

まぁ、ハンドガード交換はM4パトリオットとかで何回かやっているのでサクッと行きます!
ちなみに、ガスチューブは紛失しましたw
とりあえず今は無くてもいいか!



純正ハンドガードとアウターバレルを外して、ノベスケハンドガードのバレルナットと
アウターバレルをセットしました。

特にすり合わせの必要も無くすんなりと装着完了!
バレルナットの位置を調整してハンドガードを装着すればOK!



ハンドガードも取り付けました。うーん、長い!
やっぱり長いライフルはいいもんですw



純正プラフレームでは強度が心配。
かといって、メタルフレームにするのは僕の技術的に少々キツいので
Laylaxのハイマウントレール EXロングでアッパーレシーバーとハンドガードを連結して強度を上げます。

このハイマウント、便利なんですよね。



ハンドガードも交換完了!強度も問題なし!

ドットサイトも似合いますが、やっぱりこの長さならスコープを載せるべきでしょうか。
スナイパーカスタムや文体支援火器みたいにカスタムしても良さそうだ!

一応大体のカスタムは完了したので、せっかくなので各部をもう一度見ていきます!



ストックはUBRストックに交換してあります。
ストックチューブ内に小型のリポバッテリーを仕込んでありますよ。

チーク部は89式用に購入したBKのUBRストックに付属していた物に変えてあります。
mizzさんよく見ていらっしゃる!



グリップもタンカラーのMOEグリップにしてあります。

ハンドガードとアッパーレシーバーをLaylaxのハイマウントレール EXロングで連結してあるので
強度もバッチリ!



ノベスケタイプの15インチKey modハンドガードと18インチのアウターバレル。
うーん、長くてカッコいい♡

意外と軽量なのもポイント。
色々オプションを装着できそう!



とりあえず、こんなところですね。





…あ、一つ忘れてた、マスターキーあるじゃん。



装着してみました。



重い!!



でも長さはピッタリ。
マスターキーの重さでやっぱり強度が心配ですけどね。

ストックを最小ポジションにしてギリギリフォアエンドまで手が届きます。



スタイルはカッコいいんだよなー。
当然、この長さだとインドアフィールドでは使いにくいですし、何より重い。

まぁ、マスターキーと相性が良い装備は色々試してみるとして、
M4 CRWの方はいい感じに仕上がったと思います。
いいアイデアが浮かんだらまだまだカスタムしていく予定なのでよろしくお願いしますね!

  


2018年07月15日

MP5+マスターキー

MP5+マスターキー



今日は手持ちのカスタムしたMP5マスターキーを装着してみました。

ところで、MP5にマスターキーの組み合わせって実際にあるんでしょうかね?
MP5にグレネードランチャーを装着する事はあるみたいなんですが。



流石にMP5は全長が短く、サプレッサー込みでもマスターキーの方が出っ張ります。
相変わらず重いですが、89式ほどではありませんし、Laylaxのレイルスリーブを装着してあるのでフレームの剛性は意外と大丈夫そう。
どちらかというとハンドガードとフレームの固定部分の方が強度的に心配です。

ストックを最小にすれば、十分にフォアエンドまで手が届きます。





はい、こんなところですね。
Laylaxのレイルスリーブがあればフレーム側の強度は何とかなりそうです。
後はハンドガード周りの強度を何とか出来れば意外と実用的な組み合わせだと思いますね。
一応このままでも使えないこともありませんが、やはり強度が心配です。

見た目はカッコいいと思うのでどうにかしてもっと強度を上げたいなぁ。
いいアドバイスがあったら教えてほしいですw

  


2018年07月14日

89式+マスターキー

89式+マスターキー



先日組み上げたM870 マスターキーを色々な物に装着してみたいと思います。

まず最初はカスタムした89式にアッドオンだ!
どんなもんでしょう。





重ッ!!



これもある程度予想はしてたんですが重いっすw
元々メタルフレームの89式にKey modハンドガードを装着してあるもんですから
この重さはキツい!めっちゃフロントヘビー!!

剛性は抜群なんですけどね。
グラつきなんかはほとんどありません。
ただ、ハンドガードのKey modレールをきっちりと装着していないと重さでレールごと外れそうになります。

そしてやっぱりフォアエンドまでが遠いですね。
僕ではストックを最小ポジションにしてギリギリ届くくらいです。



とまぁ、こんな感じですね。
これでサバゲーをやろうと思ったらもっと筋肉付けないとw
見た目は非常にカッコいいと思います。

  


2018年07月10日

M870 マスターキーキットを組み込んでみた。

M870 マスターキーキットを組み込んでみた。



前々から気になっていた戦民思想製のM870用マスターキーキットが手に入ったので装着してみました。
このキット自体は前から知っていたんですが、どこ探しても欠品中だったんですよね。
最近再販されたんでしょうか?

ともかく、キットが手に入ったので少々名残惜しいですが手持ちのM870 ブリーチャー フルサイズカスタム
ベースにしてキットを組み込んでみました。

ちなみに、マスターキーとはアサルトライフルなんかのアンダーレールにアッドオンするタイプの
ショットガンの事ですね。
物理的に扉の鍵等を破壊する事が出来ます。



これがマスターキーキット本体と20mmレール同士を連結するジョイントパーツ。
こんな小さいのにガスが注入できるんですね~。



裏の説明書。
ネット情報では20ショット以上のガス容量と書かれていましたが、
付属の説明にはガスフルチャージで50~60ショット分の容量があると書かれていました。

あれ?想像以上にガス入るじゃん!!
これはうれしい誤算でした!



手持ちのブリーチャーにはM870ガスタンクキットを装着してあるのでそれを外して
マスターキーキットを組み込みます。



組込みは意外と楽に出来ました。
これで、トップレールのオプションを外せば付属のレールジョイントで
M870 マスターキーをアッドオンすることが出来ます。

よし!早速何かにアッドオンさせてやろうじゃありませんか!
ちなみに、Laylax製 M870 ブリーチャー用トップレールは外さなくてもイケそうなので
そのままにしてあります。



近くに現在カスタム中のM4 CRWがあったのでこれにマスターキーをセットしてみました。
M4 CRW本体は純正プラフレームで強度が心配だったので
Laylaxのハイマウントレール EXロングを使って補強してあります。

構えてみると…

重ッ!!

非常に重たいです。わっはっは。
僕がこの状態でサバゲ2~3ゲームプレイしたら間違いなく腕が筋肉痛になりますわw
僕にとってはもはや筋トレですw
まぁ、重さに関しては僕が筋肉モリモリマッチョマンの変態になる事が出来ればいいんですけどね。

それと、分かってはいましたがM870のフォアエンドまでが遠いです。
決して手が届かなくはないのですが、やはり辛い。
この辺は実銃でもそういう物だと思うのですが。

とりあえずマスターキーキットのガス漏れもありませんし、何発か撃ってみた感じ
異常は感じられなかったのでキット自体の品質は高いですね。さすが戦民思想さん。





せっかくなので、他の手持ちの電動ガンにも装着して記事にしていきたいと思っています。
お楽しみに!

  


2018年07月07日

M4 CRW ストック交換 配線加工!

M4 CRW 配線加工



M4 CRWのストック交換の為の準備が出来たので、早速配線の加工を行いますよ!!
いやー、久しぶりですな!

装着するストックはタンカラーのUBRストックにしました。
早速配線の加工を始めます!



その前にグリップも交換します。
こちらもタンカラーのMOEグリップにしてしまいましょう。

今までに何度か電動M4グリップを交換しているのでサクッといけました。



ここからが本題の配線加工!
まずは本体側のミニコネクターを外してしまいます。

コネクターの取り外しにはピンリムーバーが必要なので気を付けてくださいね。



ヒューズは20Aのミニ平型のものに変えました。
初代CRWはヒューズを入れてなかった記憶があるので、
今回はちゃんと組み込みますよ。

延長用のコードは、LayLax EGエレメントコードNEOを使用しました。
昔使った物の残りですね。
コネクターもlayLax ゴールドピンコネクターセットが余っていたので使用します。

後は、はんだ付けして熱収縮チューブでカバーすればOK!

京都で一人暮らしをしていた時は、この作業をアパートの一室で行いました。あぶねぇ!!
今回はちゃんと可燃物の無い屋外でやりましたよ。

作業工程の写真も撮りましたが、特に面白みがなかったのでカットしますw
他の方のブログの方がしっかりできていると思いますしねw

UBRストックチューブ内にLaylaxの7.4v 800mAhのバッテリーをセットしてあります。
ちょっとキツキツなので、改良の余地ありかもですけどね。



とりあえず、ストックとグリップ交換は完了!作動も問題なし!
ついでにKFHハイダーとドットサイトもセットしてみました。
カスタム途中ですがいい感じ!

今度はハンドガード周りをカスタムしていこうと思いますので、よろしくお願いします!

  



< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
おしながき
プロフィール
ikuken
ikuken
エアソフトガンを愛する趣味人。
最近はDTMの勉強をしていたりもします。

とにかくタクティカルカスタムやスナイパーカスタムを好んでおり、
基本的に内部カスタムはしない主義です。
カスタムは自己責任でお願いしますね。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
「深き森の誘い サバゲー部屋」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。